スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七つの習慣日記258

 七つの習慣…知性…日曜日のヤドカリ(本多 孝好)後編

 早速、昨日の続きをお届けします。昨日までは…

 …俺は、真澄とスナックで知り合い、1年前に結婚した。今は9歳になる真澄の連れ子、弥生さんと3人でくらしている。日曜日の昼間、弥生さんに殴られたという子供が父親と一緒にきた。この件は落着したが、今度は弥生さんと同年くらいの男の子が目を潤ませて、一人で訪ねてきて言った『僕のお父さん、来ていませんか?』。1002281_convert_20100228232149.jpg

 最初は全くなんのことかわからなかったが、だんだん事情がつかめてきた。男の子の名前はコイズミ マキオ。1週間前から父親がいなくなった。父親が時々手紙を書いており、その宛先がこの住所の真澄宛になっていたことを覚えていたので、来ているのではないかと思ったらしかった。

 弥生さんはカケオチではないかと言いだした。真澄は同窓会だと言って出かけていったのだったが…携帯に電話してみたが電源が入っていなかった。

 弥生さんはマキオくんに聞いた『お父さんは痩せていますか? 眼鏡をしていて、目つきは冷たい感じで、学者のように見えて、指が細くて、綺麗な字を書いて、楽器ができて、運動が嫌い。いくつあってます?』。『それ、お父さんです』とマキオは言った。

 『お父さん、非常事態だから言います。今のがお母さんの好みのタイプです』。『はあ』。『お父さんとは正反対です。でも、お母さんが元々好きなのは、そういう男の人です。前の人がそうでした』。

 真澄の前の旦那、つまり弥生さんの実の父親は、詩人になると言って会社勤めを辞めた。そして同時に真澄は夜の勤めを始めた。男には詩人の才能はなく、真澄には人を惹きつける才能があった。やがて男は耐えられなくなり家を出た…ということだと俺は思っていた。

 真澄が弥生さんを置いてカケオチすることは俺には考えられなかった。が、まったく可能性がないとも言いきれない。

 弥生さんが言う『私はお母さんを渡すつもりはありません。お父さんは、そのコイズミさんにお母さんを渡してもいいんですか?いやだったら、探して連れ戻しましょう』。俺たちは真澄が勤めるスナックのママを訪問した。

 ママによるとコイズミさんは半年前まで時々来ていたが、ある時、真澄にきっぱり断られて、その後来なくなっていた。その時、毎週日曜に遊園地で待っていると言い残していたという話だった。俺たちはその遊園地に行ってみることにした。

 遊園地の中を探していると、マキオくんが呟いた『お父さん…』そして駈け出していき、男に抱きついた。そして弥生さんも呟いた『お父さん』。1002282_convert_20100228232229.jpg

 マキオくんの父親は早くになくなり、真澄の前の旦那は再婚してコイズミという妻の姓を名乗っていた。そして、真澄の店に行ったり、手紙を書いたりしていたのは弥生に会いたいからだった。

 弥生がコイズミと話している『お父さん、ずっと弥生に会いたかったんだ。でもお母さんに会わせてもらえなかったんだ』。『仕事してないんだって?』。『ああ。いろいろやってはみたんだけど。お父さん、ほら、そういうの苦手だから』。『1週間もどこにいたの?』。『ああ、マキオに聞いたのか、仕事探しているんだけどいいのがなくて、家に帰りづらくなってね』。『また逃げるの?』

 『いや、お母さんと別れたのだって別に逃げたわけじゃないんだ。お互い別々の道を進んだ方がいいかなって思ったんだ』。『そういうのを逃げるって言うの。今やるべきことは一つだけ。家に帰ること。あの子はお父さんを失くして、また失くすことが怖くてしょうがないの。それが自分のせいじゃないかって思っているの。だからどんなに居づらくても絶対に家に帰って。そしてマキオくんをぎゅっとしてあげて。私はもう会わない』と弥生は言って、肘でコイズミの顎を打った。コイズミはベンチに叩きつけられた。

 弥生さんは俺の方を見て言った『お父さん、こんな感じでいいですか』。『はい。いいと思います』と俺は答えた。コイズミはマキオくんと一緒に帰っていった。

 夜、真澄が同窓会から帰ってきた。昔の文化祭の上映会で携帯の電源を切っていたのだった。同窓会は相当盛り上がったようだった。『二人はどうだったのよ。二人にはどんな日曜だったの?』。弥生『そうねえ、お父さんどうでした?』。俺『何というか、何てこともない、いい日曜日だったよ』。

 …という話でした。この弥生さんのように正義感が強くて、優しく、自分に厳しい小学生、いたら可愛くてしょうがないと思いますが。それでは、また~

 『七つの習慣日記』HOMEへ

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

Secret

こんにちは!

うんうん。
なんかじ~~んときましたよ(T T)。。
最後に弥生さんの「マキオくんをぎゅっとしてあげて」の言葉と
肘で殴ってコイズミを一喝した後の
「お父さん、こんな感じでいいですか」がね・・よかったです。

丁寧語を使っていても・・心は繋がった瞬間ですねv
素敵な関係v

今日もありがとうございます(^^*)
感動しました。

No title

ども~
このお話はホンワカしてて和みますわ。
てんてんさんの書き方が上手なんだね(笑)
連れ子を虐待って話最近もニュースで聞いたりして
たまらん思いだったけど
小説とはいえいい関係だなぁ~って。
血のつながりは強力だけど
それ以上にココロのつながりは色んなパワーを持ってますよね**

こんばんは。

続き、楽しみに読みました。
ほんわかした話だとおっしゃっていたので安心して
楽しめました。

こんなしっかりした小学生。ちょっとびっくりしますが
さすが女の子って感じがしますね。
自分だけでなく周りもみれるってすごいです。

また、血のつながりがなくてもこんなふうな関係を築けたら
本当に幸せでしすね~。

とっても、いいお話でした。

folonさん いらっしゃい!

コメント ありがとうございます!
そうですか~。良かったですか。嬉しいな~。
ま、僕が書いた本ではないですねどね、はは。
でも、喜んでいただけると、ホント励みになります。
また喜んでいただけるように、がんばりますので、
folonさん、また来てくださいね~

gerac0*さん いらっしゃい!

コメント ありがとうございます!
また、相変わらず良い事言いますね~
gerac0*さんは。
血のつながり以上に、心のつながりは
色んなパワーを持っている…おっしゃる通りだと
思います。みんながこういう風に思えれば、
いい世の中になるのにね~

ma☆hiroさん いらっしゃい!

コメント ありがとうございます!
喜んで頂いて、嬉しい限りであります。
小学生とはいえ、やはりしっかりいい方向に
苦労した女の子はいい感じですよね。
ちょっと『はじめてのお使い』で、弟を励ましながら
買い物をするお姉さんを思い出しました。
また、そろそろやらないかな~。はは。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

てんてんまるどん

Author:てんてんまるどん
しがないサラリーマンです。起業のきっかけに、ブログを開設しました。人生指南書として世界的ベストセラーの『七つの習慣』をテーマにしました。日々の生活においての実践の様子、関連する本なども紹介していきます。感想を交換し合いながらコミュニケーションの輪を広げたいと思っています。

最新コメント
最新ベストセラーリスト
月別アーカイブ
最新トラックバック
Amazon 検索
楽天検索
楽天で探す
楽天市場
楽天
楽天
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人生変えよう
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


『七つの習慣日記』内 検索
RSSリンクの表示
リンク
リンクフリーです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
週刊誌 定期購読
QRコード
QRコード
商品
DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。