FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七つの習慣日記221

 七つの習慣…知性…最後の一葉(オー・ヘンリー)

 病は気からと言いますが、かなり僕はこれを信じており、滅多にないですが、風邪をひいた時などは、薬などは飲まず、充分な食事と睡眠で、なんとか1~2日で気合で治しております…なんて言ってますが、精神がそれ程強いわけでもなく、会社で失敗なんかすると簡単にへこんでますが…はは。

 今日の本は、傑作として有名なのでご存じの方が多いと思いますが、病は気からの例のような話です。1907年の米国の作品です。ストーリーは…1001221_convert_20100123004111.jpg

 …ニューヨーク、グリニッジ・ヴィレッジには絵描きが多く住んでおり、芸術家の町と呼ばれていた。若い娘二人…スウとジョンジーもある建物の3階に共同で住居兼アトリエを借りていた。

 ある日、肺炎にかかっていたジョンジーを往診した医者はスウを廊下に呼び出して言った『助かる見込みは10に1つだな。それもあの娘が生きたいと思わないことには、どうにもならんな』。

 ジョンジーはベッドに寝て、窓から外を眺めていた。横で絵を描いていたスウはジョンジーが低い声で何か言っているのがわかった。ずっと聞いていると、ジョンジーは数を逆に数えていた…『12』、少し経ってから『11』と言うように…

 スウはジョンジーが何を数えているのか気になって外を見てみた。見えるものと言えば殺風景な中庭と隣のレンガ造りの建物の壁で、一本の古い蔦のつるが、這っていた。冷たい秋風が吹きつけ、つるから、ほとんどの葉を吹き飛ばしていた。

 『ねえ、なんなの?』スウは尋ねた。ジョンジー『あの、蔦についている葉っぱよ。だんだん落ちるのが早くなったわ。3日前には百近くあったのよ。最後の一葉が落ちたらわたしも行かなきゃならないんだわ。先生もそうおっしゃったでしょう』。

 『何をばかなことを言っているのよ。私は今から、下のベアマンさんをモデルに絵を描く予定なの。光が必要だから、ちょっと窓から離れてくれない』。ジョンジー『描き終えたら言ってね。また外を見たいの。もう私、疲れたわ。あの哀れな疲れきった木の葉のように落ちていきたいの』。

 ベアマンは、二人の下の階に住んでいる老人でやはり絵描きだったが芽が出ず、もっぱら他の絵描きのモデルをやって糊口をしのいでいた。スウがジョンジーが葉っぱを自分の命になぞらえていることを話すと、涙を浮かべながらも、大声で軽蔑と嘲笑の言葉を吐いていた。スウが絵を描いている間も、外は強風を伴った雪混じりの冷たい雨が降っていた。1001222_convert_20100123004146.jpg

 翌朝、スウはジョンジーに頼まれて、しぶしぶ窓のシェードを上げた。長い夜じゅうの叩きつけるような雨にも関わらず、煉瓦の壁の上には、まだ蔦の葉が一枚、はっきりと残っていた。ジョンジーは言った『最後の一葉ね。今日は落ちるわ。わたしも一緒に死ぬんだわ』。

 さらに次の日の朝、またしても外を見たジョンジーは、そこに、厳然とある蔦の葉を見つけた。ジョンジーは言った『わたしが悪かったわ。わたしを思い知らせるために、何かが、あの最後の一葉を、残してくれたんだわ。わたし、またがんぱってみるわ』。

 その日、往診してきた医者はジョンジーを見て言った『もうだいじょうぶだ。あとは栄養と摂生、それだけですぐに回復する。よかったな』。『私はこれから、階下の患者を診なきゃならん。ベアマンという絵描きだが、もう年で、しかも何をやったのか急激に身体が衰弱しており、今日入院させるが、もう駄目だろう』。

 次の日、スウはジョンジーに話しかけた『ベアマンさんが、今日病院で肺炎でなくなったわ。管理人さんがあの人の部屋で、ひとり苦しんでいるのを見つけて…。靴も服も、全身びしょ濡れで、氷みたいに冷えきっていたそうよ。どこに行っていたのかわからなかったんだけど、カンテラと梯子と、絵具とパレットが、あの壁のところにあったそうよ』。

 『ねえちょっと窓の外を見てごらんなさいよ。4日前のあのひどい天気の晩、最後の一葉が落ちた時、あの人があそこに一葉描いたのよ。あれが、ベアマンさんの最後の傑作よ』。

 …という話でありました。こういう風に人助けをして死ねれば、間違いなく天国に行けると思うんですけどね~。それでは、皆様よい休日をお過ごしくださいね~

 『七つの習慣日記』HOMEへ

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

あたたかい話ですねi-179

確かに病は気からって言いますよね。
義母も入院生活ですが、最初の頃は介助すれば出来るって言われていたのに本人は「死ぬ」って言ってやりませんでした。
で、今では完全に寝たきりです。
思い込みっていいように使えばとってもいいのですが、
悪く思いこんでしまうとどうしようもないですよね。

No title

ども~
このお話の最後はこんな感じだったんだ。。
ええ話だけど亡くなってしまうんだね。

そうだね、病は気からだと私も思いますわよん。
うつなんかもその一例かもね。
私の辛い時はお笑いを観て思いっきり笑ったりしてますわ。
じゃないとまた寝込んでしまうしね(爆)
明日のお休み、楽しい一日にして下さいな**

りょうさん いらっしゃい!

コメント ありがとうございます!
そうですね。悪い方向に行くと辛いことになりますよね。だけどいったん悪い方向にいっても、悪い事があれば次は良い事あるという、山谷のサイクルで人生はできているような気がするので、また気持ちが切り替えられればいいと思うんですけどね~。悪い事だけが続くことは絶対にないと信じて、お互い気楽にいきましょう!

gerac0*さん いらっしゃい!

コメント ありがとうございます!
そうなんですね~。けっこうこの話、辛い話でもあるんですね。死んだ老人の方は本望だったと思うけど、助けられた娘はけっこうこれから大変だったりしますよね。この老人の分まで生きなきゃ…なんて話になりますもんね。 gerac0*さんも、うつっぽくなられることあるんですか、人には明るい話題をいつも提供してくれているのに…でもホント笑うのは良いですよね。無理にでも笑えば、そのことで楽しくなるという話もありますからね~。gerac0*さんも、良いおやすみにして下さいね~。早速、今年の目標の、一人映画でもいかがでしょうか、あ、でも面白いのやってなければ行っても仕方ないですからね~。お互い、人生まだまだ長いし、気楽に適当にやりましょうね!

No title

このお話、とっても心に残っているお話です。
絶対落ちない葉を描いて、全身全霊で回復を願って亡くなった老人。
ジョンジーも描かれた葉を見て前向きに頑張れて…。
こんな励まし方があるんだなぁ~って感動しました。
亡くなった老人は、ジョンジーの姿を見て満足してたんだろうなぁ~。

スゥおばさん教えてあげるのは、もっと後でもいいのに・・・とか、
老人は、ルーベンスの絵を見て微笑みながら亡くなったネロみたい…
って、ちょっとせつなくなりましたけどね((´∀`))アハハ

moguraさん いらっしゃい!

コメント ありがとうございます!
せつない話ですね~。ジョンジーには負担になるかもしれないですよね。あるいは本当に生きる活力になって、偉大な人間になれるか、微妙なところですよね。フランダースの犬も良かったですよね。米国版ではハッピーエンドもあるようですね。今回の最後の一葉、さすがにこれほど有名なのを載せても…と思いましたが、載せて良かったです。思い出すというのもあるでしょうしね、はは。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

てんてんまるどん

Author:てんてんまるどん
しがないサラリーマンです。起業のきっかけに、ブログを開設しました。人生指南書として世界的ベストセラーの『七つの習慣』をテーマにしました。日々の生活においての実践の様子、関連する本なども紹介していきます。感想を交換し合いながらコミュニケーションの輪を広げたいと思っています。

最新コメント
最新ベストセラーリスト
月別アーカイブ
最新トラックバック
Amazon 検索
楽天検索
楽天で探す
楽天市場
楽天
楽天
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人生変えよう
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


『七つの習慣日記』内 検索
RSSリンクの表示
リンク
リンクフリーです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
週刊誌 定期購読
QRコード
QRコード
商品
DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。