スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七つの習慣日記210

 七つの習慣…社会・情緒…3時10分、決断の時

 人はなぜ、年をとると時代物が好きになるんでしょうか。例えば水戸黄門、大河ドラマ、小説でいえば司馬遼太郎、佐伯泰英など。はやり勧善懲悪的展開とか、突拍子もないことが起らないことが安心できるのか。あるいは昔の日本の情緒に哀愁を感じて落ち着けるのか。1001112_convert_20100111180831.jpg

 日本では、歴女などという言葉も流行ったりして、時代物は衰えない人気がありますが、米国では昔大人気だった西部劇が最近あまり作られていませんが、2007年に公開されたこの『3時10分、決断の時』、結構人気だったようで、1992年にアカデミー賞をとったクリント・イーストウッド監督・主演の『許されざる者』以来の傑作だという人もいます。どういうストーリーかといいますと…

 …南北戦争で有能な狙撃手として活躍したダン(クリスチャン・ベール)は、苦境に陥っていた。牧場を経営しているものの借金が払えず、町の有力者から立ち退きを迫られ、納屋に火をつけられたり、水を止められたり数々の嫌がらせを受けていた。

 ある日、嫌がらせを止めさせるべく、上の息子(14歳)と共に町に交渉に向かったダンは、凶悪な悪者として有名になっていたベン(ラッセル・クロウ)率いる強盗団が、駅馬車を襲った場面に遭遇した。

 この襲撃で唯一生き残った賞金稼ぎバイロン(ピーター・フォンダ)と共に町に赴いたダンは、町の保安官らに捕まっているベンを発見する。ベンは強盗団を先に別の町に向かわせ自らは酒場で寛いでいたところを、抵抗もせず簡単に捕まっていた。

 保安官達はベンをユマで裁判にかけ、絞首刑にするべく列車で護送することにするが、当然ベンの仲間がボスを助けだすために襲撃してくると思われ、積極的に護送役を引き受けるものはいなかった。ベンも落ち着きはらっており、間違いなく仲間が助けが来ると確信しているようだった。

 ダンは家族の反対を押し切り、200ドルの報奨金を貰うことを条件にバイロンら数人と共にベンの駅までの護送に出発する。1001111_convert_20100111180741.jpg

 インディアンの襲撃などを受けながらも、なんとか駅がある町に着いたが、そこにベンの仲間たち7~8人が来て、列車待ちをしていたダンやベンがいる建物を取り囲む。

 さらに、ベンの強盗団の副頭目であるチャーリー(ベン・フォスター)は町の人々に向かってベンを護送している人を撃てば賞金を出すとふれまわる。

 ここに至ってダンたちはベンの強盗団だけでなく、町の賞金目当てのガンマンからも狙われるようになり、絶体絶命の事態になる。

 ベンは、ダン達に逃げるように勧めるが、ダンだけは断固として逃げるのを拒否した。報奨金を遥かに上回る千ドルを出すとベンは言うが、ベンを列車に乗せることに固執するダン。列車の到着、発車時刻が近づき、建物から出て800m先にある駅へと走り出す二人に四方八方から銃弾が降り注ぐ…

 …というような映画です。あくまで頼まれた仕事を全うして皆に自分の価値を認めさせ、牧場と家族を守ろうとするダン。強盗の頭目でありながらも知性もあり、ダンの一途な姿勢に心動かされるベン。ボスを助けようと策略をめぐらせる副頭目のチャーリー、父を助けようと奮闘するダンの息子、どのキャラクターも見ごたえがありました。特にラッセル・クロウ、色気たっぷりで魅力的でした。

 たまには、西部劇ご覧になるのもいいんじゃないでしょうか。この作品お勧めです。それでは、また~

 『七つの習慣日記』HOMEへ

 

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

時代もの ほんとに人気ですよね
結婚披露宴のお色直しで 甲冑を着られる式場がある
って 先日 テレビで見ましたよ

この映画は 見たことありませんが
私がダンの家族だったら・・・ ダンのような夫は いやだなぁ
命をかけてでも 仕事を全うしようとする姿は
映画的にはかっこいいですが
家族としては そんなことで 死なれたら困ります(笑)
私がダンだったら・・・ ベンにお金をもらって
逃げちゃいます(笑)

No title

こんにちは。
確かに西部ものはあんまり見ませんねえ。
しかし、この映画なんかドキドキしそうですねえ。男の友情もの??
機会が有ればみてみたいです。

MAYさん いらっしゃい!

コメント ありがとうございます!
へえ~、結婚式で甲冑なんか着れるんですか、知らなかった~。結構ブームなんですね。大河ドラマも好調なようだし。 MAYさんのおっしゃることは良くわかりますね。ダンの妻は必死で反対したんですよ。死にに行くようなもんですからね。たしかに映画としてみている分には感動しましたが、実生活としては、こんな姿勢では生きていけないですよね。鋭いご指摘でした!

うさぎんちゃん いらっしゃい!

コメント ありがとうございます!
そうですよね~。もう西部劇なんて映画でもテレビでもほとんどみかけないですからね~。でもたまに見てみるのも良いと思いますよ~。これ今TSUTAYAなどで新作としてレンタル中なので、行かれればすぐ目につくと思いますよ~。敢えて書きませんでしたが、ラストがなかなか良いですよ!

No title

ども~
私も歴女かも(笑)
時代モンって興味をソソラレルのよね**
大河ドラマなんかも昔の人たちの事を考えると泣けてくるし・・
今年は「龍馬伝」ですな。
でも、今撮りためている天地人を必死に観てますねん。
しかし、最終回を娘のやつが違う番組を録画しよったんで撮れてませんねん>>>
どないしてくれるねん!って怒りましたわ(笑)
ユーチューブで流れてるかなぁ・・・(泣)

この映画はタイトルも知りませんわ。
ホント、最近は西部劇は見かけないね。
需要が少ないんですかね。
そっか、てんてんさんは色んなものを観られますね。
だからたくさん物を知ってるんでしょうね。
これまた見習いたいところやわ☆

No title

私は戦国、旦那は幕末、ジィちゃんチャンバラ、
私の父は西部劇好きです。
私が小さい頃は祖母がチャンバラ、父がモノクロの西部劇を
テレビ一緒に見てましたよ(=^▽^=)
スタイルに憧れる男の人が多かったりしますけど、
最近は本当に少ないですね。
私が記憶にある西部もの・・・
バック・トゥ・ザ・フューチャー3です。ちょっと違うか。

gerac0*さん いらっしゃい!

コメント ありがとうございます!
そうですか~。gerac0*さんは、アメリカの雰囲気がお好きなんだと思ってましたが、日本の時代物お好きなんですね~。やはりかなりの人情派ですね。今年の大河ドラマも楽しみですね~。だけど西部劇もたまには良いと思うんですけどね~、ラッセル・クロウ良かったですよ~。また、ブログで時代物への思い、語って欲しいです。鹿さんのナレーションでね。はは。

moguraさん いらっしゃい!

コメント ありがとうございます!
バック・トゥ・ザ・フューチャー思い出しますね~。僕が覚えているのはマイケル・J・フォックスがガンマンのかっこうで酒場に行って、名前を聞かれた時に、クリント・イーストウッドと言ったところです。確か相手は変な名前だな、と応えたような気がしますが、moguraさんは覚えていらっしゃるでしょうか。マイケル・J・フォックスもこの時が絶頂期だったようですが、いまだにパーキンソン病と闘っていると思いますが、がんばって欲しいものです。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

てんてんまるどん

Author:てんてんまるどん
しがないサラリーマンです。起業のきっかけに、ブログを開設しました。人生指南書として世界的ベストセラーの『七つの習慣』をテーマにしました。日々の生活においての実践の様子、関連する本なども紹介していきます。感想を交換し合いながらコミュニケーションの輪を広げたいと思っています。

最新コメント
最新ベストセラーリスト
月別アーカイブ
最新トラックバック
Amazon 検索
楽天検索
楽天で探す
楽天市場
楽天
楽天
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人生変えよう
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


『七つの習慣日記』内 検索
RSSリンクの表示
リンク
リンクフリーです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
週刊誌 定期購読
QRコード
QRコード
商品
DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。