FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七つの習慣日記187

 七つの習慣…知性…第四解剖室(スティーブン・キング)

 恐ろしい想像というのは、結構いろんな種類がありますが、僕が怖いな~と思うのは、はっと気づいたら棺桶の中に横たわっているというもの、これが火葬場だったらすぐに高熱になっておそらくあっという間に死ねるのでそれほど怖くないのですが。

 土葬で、埋められているとすると…まあ、これもすぐに窒息すると思われるので、それほど苦しまなくても死ねるような気もしないではないですが…なんか緩やかな苦しみの中で死にそうで嫌ですね。0912191_convert_20091219222631.jpg

 よく小説に出てくる脅し文句で『拷問にかけて、ゆっくりたっぷり苦しみを味わって死んで貰うからな。そのうち殺してくれと泣き叫ぶようになるが、それでも許さないからな』などと言うものがありますが、こういう事態にだけはなりたくないものであります。

 今日紹介する本は、巨匠スティーブン・キングの短編集に載っていたものです。どういうストーリーかといいますと…ネタばれしますよ~

 …気がついた時、わたしは暗闇の中だった。ゴムの臭いがして、ベッドに寝て動いている気配がした。声が聞こえる『こっちに運んでくれ』。あ、そうかわたしはストレッチャーに乗せて運ばれているのか。そしてゴム製の死体袋に入れられているのか。それにしても、意識はあり、人の声も聞こえるのに、全く動くこともできず、声も出せない。

 ものを引き裂く大きな音がしたと思ったら、とたんに白い光が襲いかかってきた。ひどく眩しいが目を閉じることはできない。視界に女医とここまでストレッチャーを運んできた男の顔が入ってきた。 

 女医『どういうことなの、マイク』。マイク『発見されたのはゴルフクラブのコースを外れた林の仲でした。心臓麻痺で亡くなったようです』。

 そのうちピートと呼ばれてる医者が入ってきた。女医が言う『うちの解剖室ではまず心臓周辺の切開をするんだけど、あなたやりたくない?』。ピート『わかったよ。助手を務めてくれるよね』。女医『いいわ』。0912192_convert_20091219222653.jpg

 大きな挟みの“しゃきっ、しゃきっ”という音や、歯医者で聞くような神経にさわるドリルの音が聞えてくる。解剖の準備を進めているようだ。

 生きている事を知らせようと、必死で体のどこかを動かそうとするが全くできない。

 『準備完了です』ピートが言う。『今回の対象者は白人、44歳。氏名はハワード・コットレル、死因はおそらく心臓発作。脊椎損傷などの特に関心を引くような現象は見あたらず』。

 女医『オーケー、じゃあ、いよいよ本番にとりかかりましょうか』。ピート『では、これより切開を始める』。

 ピートはゆっくりと鋏を下に降ろしてくる。わたしの目は鋏を見つめ…そしてついに鋏が視界から消える。それから永遠とも思える時が流れたのち、剥き出しの上腹部にあてがわれた鋼鉄の冷ややかな感触が伝わってくる。

 いきなりドアがあく。誰かが叫ぶ『そいつの体を切っちゃいけない!』。『そいつのゴルフバッグに蛇がいて、マイクがその蛇に噛まれたんだよ』。ビート『いったい、なんの話だ?』。

 男『マイクはたちまちぶっ倒れて、全く動かないんだ。きっとさっき運び込まれた男も、あの蛇に噛まれて麻痺しているだけだと思う』。わたしは安堵感に包まれた。

 わたしが蛇に噛まれた2日後、この話が新聞で報道された。『全身麻痺の男、間一髪で検死解剖を逃れる』という見出しだった。

 …というような怖い話でした。作者のスティーブン・キングはあとがきで次のように言っております。

 『およそ作家たるもの、いつかは“早すぎる埋葬”テーマに挑戦するべきだと思う。わたしが子どもの頃、いちばん怖かったテレビ番組はヒッチコック劇場であり、その中でも格段に恐ろしいエピソードといったら…医者がまだ生きていると診断を下さないほどの重症の患者が、解剖で切り開かれる寸前に、やっとの思いで一粒の涙を流し、自分が生きていることを伝える物語だった。今回の作品は少しこれをモダンにしてみた』。

 ということでした。それでは、また~。皆さま良い休日を~

『七つの習慣日記』HOMEへ

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

本当にこんな事になったらどれほど怖いんだろうかぁ>>>
こんな誤解も嫌だけど冤罪なんかに巻き込まれたら怖いなぁ~って思うね。
誰も信じてくれんで檻の中で過ごす事になったらって考えると・・・
最近もそんなニュースしてましたもんね。
でも、諦めん事が大切ですね。
最後に出てきたヒッチコック。この人の映画は独特ですよね。
小学生の時に初めてテレビで映画を観たんだけど
不思議な世界だなって思ったんだよね。
でも、「裏窓」なんか面白くって好きだったけれど。

久々?筒井先生ネタ。
寝るときはミッフィーちゃんの抱きマクラと一緒だそうで・・
イメージがぁ>>>けど、カワユイ**ステキングゥ~♪

No title

意外に近からず遠からずの現状もあると思いますよ。
小説でも助かってよかったと胸を撫で下ろしました。

gerac0*さん いらっしゃい!

コメント ありがとうございます!
怖いですよね~、自分の言いたいことが全く伝わらないのってそれはもう、怖いでしょうね。人は自分のことをある程度、わかって貰えるだけである程度は救われますからね~、だから相談とか乗ってやるのって、相手が突拍子もないことを言っていても、聞いてやるのが大事ですよね。
 筒井先生、あいかわらず、かましてくれますね。いいんです。あの人はいつまでたっても天才ですから、何やっても許されます。はい。久々のレポート、ありがとうございます。ちょう嬉しいです。はい。

moguraさん いらっしゃい!

コメント ありがとうございます!
もぐらさんが、おっしゃると、重みありますね~、いろいろ、こういう悲しいというか、やり場のない怒りが発生する事件とか、ご存じなんでしょうね。僕なんかは、本当に想像でしかないですけどね。ほんと、医療だけは事業仕分けなんかされないで、どんどん予算つぎこんで、急速に進化して貰いたいものです。あ、あくまで人間性のある、良い方向でですけどね。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

てんてんまるどん

Author:てんてんまるどん
しがないサラリーマンです。起業のきっかけに、ブログを開設しました。人生指南書として世界的ベストセラーの『七つの習慣』をテーマにしました。日々の生活においての実践の様子、関連する本なども紹介していきます。感想を交換し合いながらコミュニケーションの輪を広げたいと思っています。

最新コメント
最新ベストセラーリスト
月別アーカイブ
最新トラックバック
Amazon 検索
楽天検索
楽天で探す
楽天市場
楽天
楽天
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人生変えよう
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


『七つの習慣日記』内 検索
RSSリンクの表示
リンク
リンクフリーです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
週刊誌 定期購読
QRコード
QRコード
商品
DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。