FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七つの習慣日記148

 七つの習慣…社会・情緒…熊の木本線(筒井 康隆)

 田舎に泊まろう…でしたか、突然田舎に行って家に泊めて貰って、夕飯もご馳走になるという番組がありますが。多摩風091121

 田舎に行って、広い座敷などに客人として招かれて山海の珍味や銘酒などをふるまわれながら、純朴な人達と騒いだり、踊ったりしたら楽しいだろうな、などと思うわけですが、今日は、このような事態になって、とんでもない事に巻き込まれる男の話です。

 …『あんたは、どこまで行きなさるか』。あと数分で『猪の木』という駅に着こうという時、向かいに座っていた男が訊ねた。『ぼくは四つ曲まで行きます』と俺は答えた。全国のうまいそばを求めて旅をしている途中だった。

 『それなら、熊の木本線といって、これは単線じゃが、これに乗ると、毛多を回るより4時間早く四つ曲に着けるよ。わしはそれに乗って熊の木というところまで行くんだがね』。俺『じゃあ、ぼくもそれにします』。

 熊の木本線と言っても、途中からケーブルカーになり、乗客は俺と男二人になり、終点の熊の木駅は、ほとんど家の中で、そこには30数人の人達がいて通夜をやっていた。

 この辺は昔から熊の木一族と呼ばれる人々の住処で、ある老人がなくなって通夜の最中だった。

 すぐ四つ曲方面行きの列車が来るとの話だったが、男の勘違いで、結局4時間待つことになった。俺は一族の人々から勧められ、列車を待つ間、宴会の酒と食事をふるまわれることになった。

 酒も肴もうまく、宴会は盛り上がっていった。そのうち長老が『さああ、そろそろ誰か、熊の木節でもやらんか』と言った。『熊の木節』と聞いただけで全員がどっと笑った。

 顔の赤い男が立ち上がると、また皆がどっと笑った。一族の人気者のようだった。男は歌を歌いながら、珍妙な踊りを踊り始めた。♪♪なんじょれ熊の木 かんじょれ猪の木 ノッケ ノッタラカ ホッケ ホッタラカ トッケ トットットットットットッ♪♪ 男も女も笑い転げた。

 顔の赤い男がやんやの喝采を受けながら席に戻ると、また全員が手拍子を打ち始めた『さあ、次は誰じゃ』。髭の男が座の中央へ出てきた。もうそれだけで笑いの渦である。髭の男はさっきの赤い顔の男と微妙に違う振り付けで踊り始めた♪♪なんじょれ熊の木 かんじょれ猪の木 ヨッケ ヨッタラカ オッケ オッタラカ コッケ コッコッコッコッコッコッ♪♪ あまりのおかしさに俺も腹を抱えて笑った。皆、涙を浮かべて笑っていた。091109-3.jpg

 次に出てきたのは愛嬌のある爺さん、また皆はどっと笑い手拍子を打ち始めた。爺さんも達者に踊った。♪♪なんじょれ熊の木 かんじょれ猪の木 ソッケ ソッタラカ モッケ モッタラカ ドッケ ドッドッドッドッドッドッ♪♪ 笑いすぎて呼吸ができなくなる者、ひっくり返る者などで、大きな家が割れんばかりの騒ぎになってきた。

 さらに数人の踊りが続いた後、長老が言った『客人には無理かな』。俺は皆が踊っていたのを見てコツを大体つかんでいたし、歌詞も微妙に変えればいいことが判っていたので、立ちあがった。皆の期待の目が集まっていた。

 俺は手拍子に合わせて身体を揺すりながら歌い始めた。♪♪なんじょれ熊の木 かんじょれ猪の木 ブッケ ブッタラカ ヤッケ ヤッタラカ ボッケ ボッボッボッボッボッボッ♪♪ 歌い終わり、自分のやったことのおかしさにげらげら笑いながら周りを見渡した俺はドキッとした。誰も笑っていなかった。皆困ったような、ばつの悪そうな顔をして下を向いていた。

 俺は長老に言った『申し訳ありませんでした。他所者の私の下手な踊りで座を白けさせてしまいました』。長老『いや、あんたは初めてにしては上手過ぎるくらいじゃった。だが、あんたのうとうた、あの歌詞が悪かった』。多摩091115

 『他の連中はみな、本当の歌詞をうとうてしまわぬように気を付けて、でたらめをうとうた。だがあんたは偶然、本物の歌詞をうとうてしまわれたのじゃ』。

 『熊の木節というのは忌歌でな。うとうてはいかん歌なのじゃ。この歌をうとうたりしたら、この国に大変な不幸が起るからなのじゃ。わしらが熊の木節の替え歌を喜ぶのは、いつ誰かが間違うて本物の歌詞を歌うかもしれんという怖い面白さがあったからじゃ』。

 『過去、大人の不注意で子供に歌わせてしもうて、大変なことになったことがある。これが大の大人がうとうたわけじゃから、この祟りは相当な…』

 俺『何かお祓いの方法はないのですか』。皆はいっせいにかぶりを振った。長老『ないなあ。なにもない。まあ、やってしもうたことはしかたがない、この国にどんなことが起るかしらんが、もうあまり気にせんことじゃ』。

 2日後、俺は自分の家に帰ってきた。今のところ、天地異変は起っていない。あるいは俺が知らないだけで、すでにとんでもなく悪い事が、どんどん進行しているかもしれない。

 …というような、話でした。それでは、また明日~

『七つの習慣日記』HOMEへ

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

初めまして! コメ ありがとうございました
田舎に泊まろう 何度か見たことがありますが
私は 一宿一飯の恩義が好きです
どんなことをするのか
みなさん なかなか面白いアイディアだなぁって・・・

場を盛り上げるつもりが 余計なことを・・・
「知らない」って怖いですね

私は 毎朝 朝日を撮って載せています
よかったら そちらも見に来てください♪

MAYさん いらっしゃい!

コメント ありがとうございます!
知らない人の家に泊まるっていうのは、習慣なども違うし、いろいろ面白い所もあるし、勉強にもなりますよね。
僕も朝日は好きですし、寺巡りなども大好きです。
鎌倉などもまた行きたいと思っておりますので、また参考にMAYさんのサイトを訪問させて頂きます。引き続きよろしくお願いしま~す。

No title

ずいぶん高い宴会代。。。
最初に教えてほしいです。そんな大切なことは。
からかわれたのかしら。笑えないけど・・・。
雨ですね。煩わしさの代り切なさも幾分小休止できますよね。
だから急にお天気変わるのかしら。
秋。
夜お仕事帰りには止んでいますように(^^)

englandroseさん いらっしゃい!

コメント ありがとうございます!
englandroseさん ご指摘の通り、僕は端折ってしましましたが、原作では、主人公は、なんで最初に教えてくれないんだよ…って泣いてました。でも、今気付きましたがからかわれたという可能性もありますね。かなり大規模な、どっきりになりますが…はは。
 今日は雨、お気遣いありがとうございます。『煩わしさの代り切なさも小休止…』ですか、たしかに青空がないと切なさも感じないですね…しかし詩的な方ですね~欧米人に比べて日本人は感性の鋭さ、繊細さを評価しない傾向にあると言われますが、englandroseさんの感性はすごいです。羨ましいです。繊細な人は生きにくい世の中ですけどね。まずは、萩原朔太郎賞狙いなど…

No title

なんだか、この客人・・・浦島太郎みたいですね。
せっかく楽しい宴会だと思ったら、後でドッキリなんて(笑)

過去レスですみませんが、多摩動物園は子どもの頃に
連れて行ってもらっことのある動物園です。
(上野動物園のパンダとか・・・)
だからとっても懐かしかったです(o^―^o)ニコ
動物園って秋冬になると行きたくなります。
夏は、暑いのに動物の臭い嗅ぎたくないっていうか(笑)
オオカミとかの猛獣は、超臭いんですよね。知ってます?

オー・ヘンリーは、「良かった」とか「やっぱり警察が友人か」
とか思っていると、気付いたら落ちてるんですよ(笑)
しかも借りた本が誤植ばかりで意味不明で・・・
寝不足だと癒し系は眠くなり難解文章は頭に入らないです。 
だけど、てんてんさんの解説は楽しいので、またいろいろ
試させてくださいねぇ。(*^ヮ^*)

moguraさん いらっしゃい!

コメント ありがとうございます!
まさに、浦島太郎。伊集院さんに言わせると亀に嵌められた浦島太郎ですね。はは。
 オーヘンリーも、かなり古い年代のものだし、当たり外れが結構ありますからね~。今度はドナルド・ダールなど、如何でしょうか。短編集ではありませんが、童話のマチルダなどは、英文でも簡単なので読めますよ~。
 だいたい、もぐらさんは働き過ぎです。たまには、ぐっすりお休みくださいね~。読書より、充分な睡眠です。はは。
あ、それと、動物園ですが、ライオンバスには乗りませんでしたが、オオカミ舎行きました。もぐらさん、おっしゃる通り、一番臭かったですね。はは。

No title

こんばんは**
田舎に泊まろうからこうくるとは!!
以前「世にも奇妙な物語」でこのお話やってました!
読んでて思い出しましたわ。
この筒井康隆さんが書かれたものだったんですね!
ちょ~ビックリィ~
この方ね、私好きなんですの。
本は読んだ事ないんですが
関西ローカルやと思うけれど「ビーバップハイヒール」って番組に出てはって
物知りでカシコブレーンとして出てますねん。
もうええお年ですが、このなんでも知っている所に色気を感じてしまって自分でもビックリですわ(笑)
てんてんさんもこのお方の本をよく読んでますの?
たまに登場しているみたいですが。。。
その番組がもうそろそろ始まりますねん**
今日はどんなカシコ振りをみせてくれるんやろう♪

gerac0*さん いらっしゃい!

コメント ありがとうございます!
田舎にいこうは、とってつけました。意味ありません。失礼しました~。筒井先生、そちらの番組に出てるんですか。知りませんでした。もう結構なお年のはずですけどね。たしか神戸にお住まいだと思いますが。僕は筒井さんは、正直、一番好きな作家です。高校の時から読み始めて、作品は全て読んでいます。いろいろ、もっと面白い作品もあるんですが、けっこうエログロなので、掲載は遠慮しています。筒井さんは確か少年時代に天才児教室などに行っていて、大学は同志社でしたが、ひじょうに頭の良い方です。テレビのコメンテーターとか、俳優も昔やっていたようですが。そちらでの活躍の情報ありましたら、是非教えて下さいね~。また何度か筒井さんの本は紹介する予定です。よろしくお願いしますです。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

てんてんまるどん

Author:てんてんまるどん
しがないサラリーマンです。起業のきっかけに、ブログを開設しました。人生指南書として世界的ベストセラーの『七つの習慣』をテーマにしました。日々の生活においての実践の様子、関連する本なども紹介していきます。感想を交換し合いながらコミュニケーションの輪を広げたいと思っています。

最新コメント
最新ベストセラーリスト
月別アーカイブ
最新トラックバック
Amazon 検索
楽天検索
楽天で探す
楽天市場
楽天
楽天
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人生変えよう
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


『七つの習慣日記』内 検索
RSSリンクの表示
リンク
リンクフリーです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
週刊誌 定期購読
QRコード
QRコード
商品
DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。