スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七つの習慣日記138

 七つの習慣…知性…女主人(ロアルド・ダール)

 欧米のホラー映画などでは、小規模な、あまり綺麗でない宿(下宿屋)に泊まったがために、悲惨な目に遭うというのが良くありますよね。大体この宿の主人が表向きはニコニコしているものの、実は殺人鬼であったというのが多いですが。

 日本ではあまり、こういった欧米のような、一応、カウンターもロビーラウンジなどもあるものの、ほとんどお客に一人で対応しているような所はないと思います…ネットカフェとか、カプセルホテルとかというのがあるにはありますが。犬091031

 今回の話は、英国の地方都市に出張してきた若い男が、女主人が一人で経営している宿に泊まる話です。お話は…(フルストーリー、完全ネタばれしますよ~)

 ビリィは、出張で地方都市の駅に降り立ち、宿を探していた。駅で聞いた『ザ・ベル・アンド・ドラゴン』というホテルを探して、通りを歩いていたが…

 ふと『お泊りと朝食』という文字に目がいった。その建物に近づいてみると、玄関に、素晴らしい花を生けた壺が置いてあった。

 さらに近寄って窓から中を覗いてみたら、そこは居間で、暖炉に赤々と燃える火、その前の絨毯にはダックスフントが、居心地よさそうに丸くなって寝ている。さらに籠の中には大きなオオム、グランドビアノ、快適そうなソファーなどがあった。

 こういう動物がいる家庭はきっと素晴らしい。シックな家具もあり、住んでみたくなるような快適そうな佇まいであった。ビリィはベルを鳴らした。

 即座に中から、50歳くらいの女主人が迎えた。ビリィ『僕、部屋を探しているんですが…』。女主人『おあつらえ向きですわ。空いてますよ』。ビリィ『料金はいくらですか』。女主人『朝食付きで一晩、5シリング6ペンスです』。風景091030

 信じられないほど安い値段だった。ビリィ『それでは、泊まる人が殺到してお困りなんじゃないですか』。女主人『ええ、でも、わたし、ちょっぴり、えりごのみするくせがありまして…おわかりですよね』。ビリィ『はあ、なるほど』。

 三階の部屋に荷物を置いて、居間で寛いでいたビリィはピアノの上に宿泊者名簿を見つける。その名簿には二人の名前しか載ってなかった。その名前に心当たりがあるような気がしたが、思いつかなかった。 この二人の名前が書かれた日付は2年前と3年前だった。

 女主人が紅茶を運んできた。ビリィは紅茶を飲んでいるうちに思い出した、二人の名前は新聞の見出しで見たもので、失踪したということだった。

 ビリィ『この二人はずいぶん前にここを出たんでしょう』。女主人『いえお二人とも4階にいらっしゃいますよ』。ビリィはこの女主人は少しおかしいのかなと思ったが、会話を続けた。

 ビリィ『あのオウムもダックスフントも可愛いですね』。女主人『あら、もう、生きちゃいませんのよ』。ビリィは愕然とした。両方とも剥製だったのだ。

 ビリィは突然、紅茶の味が気になりだした。苦いアーモンドの味がした。

 ビリィ『この2年の間、僕以外に泊り客はいなかったんですか』。

 女主人『そうですよ。あなた、だけですよ』。

 …というような、怖い話でありました。それでは、また明日。皆様良い休日を!

『七つの習慣日記』HOMEへ

スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
プロフィール

てんてんまるどん

Author:てんてんまるどん
しがないサラリーマンです。起業のきっかけに、ブログを開設しました。人生指南書として世界的ベストセラーの『七つの習慣』をテーマにしました。日々の生活においての実践の様子、関連する本なども紹介していきます。感想を交換し合いながらコミュニケーションの輪を広げたいと思っています。

最新コメント
最新ベストセラーリスト
月別アーカイブ
最新トラックバック
Amazon 検索
楽天検索
楽天で探す
楽天市場
楽天
楽天
楽天
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人生変えよう
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2009年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


『七つの習慣日記』内 検索
RSSリンクの表示
リンク
リンクフリーです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
週刊誌 定期購読
QRコード
QRコード
商品
DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。